マクロビオティックレシピ情報ナビ~マクロビオティックレシピに役立つ~

マクロビオティックレシピ情報ナビでは、マクロビオティックレシピ、マクロビオティック料理、マクロビオティックスイーツに関する役立つ情報を発信していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【マクロビオティックレシピ情報ナビ】紫芋のモンブランとは、、 


鹿児島産紫芋を皮ごと蒸して丁寧に裏ごしし、
砂糖・卵・乳製品を使わず仕上げた紫芋モンブランです。

紫芋の栄養価は、鹿児島のシラス台地で採れた強力な
抗酸化作用を持つポリフェノールの一種「アントシアニン」がタップリ!

ビタミンC・Eや、リウム、食物繊維、ヤラピンも含まれた
健康指向のブランド野菜。

【マクロビオティックスイーツ】紫芋のモンブラン

マクロビオティックスイーツを考える! 


女性ならスイーツは絶対食べたい!でもダイエット、健康管理の為に
食べることに対し戸惑っている方も多いハズです。

そこで普段食べているお菓子やスイーツの代用として
ローカロリーで自然の栄養素をタップリ含んだ
マクロビオティックスイーツをオススメしますよ♪

卵・乳製品・白砂糖不使用で九州産の和栗をふんだんに使用した
スイーツケーキです。素材の美味しさがいかされている一品です♪

        
【マクロビオティックスイーツ】和栗のマクロビモンブラン

■原材料の詳細

・九州産和栗
・オーガニックメープルシロップ
・有機ココナツミルク
・白ゴマペースト
・薄力粉
・全粒強力粉
・葛粉
・自然塩
・甜菜糖
・ラム酒
・自然塩
・有機豆乳
・アーモンドスライス
・国産山芋
・国産寒天
・オーガニックバニラエクストラクト
・ブランデー
・純粋菜種油

マクロビオティック料理における野菜の使い方を覚えよう! 


一物全体という考え方のマクロビオティックは
野菜の皮や葉などもまるごと食べることが基本です。

にんじんやじゃがいもなどの薄い皮の野菜は、
水で布やスポンジのような柔らかいものを使って、
表面を軽く洗ってあげます。

また、泥が取りにくい部分はたわしを使い洗ってあげます。
根などが付いている野菜は、包丁でそぎ落としてから洗ってあげます。

皮ごと食べることにより、野菜本来の味がしっかり分り
これをきっかけに野菜が好きになった、という方も多いそうです。

マクロビオティックレシピにおける玄米の食べ方 


ビタミンやミネラルを多く含む玄米。
マクロビオティックのメイン、主食になる穀類ですが
「いきなり玄米から始めるのは、苦手」という方が多いそうです。

そのような場合は、7分つき、5分つき、3分つき
いわゆる分つき米から始めて見て下さい。
玄米のみより、違和感なく食べられると思いますよ。

これに押し麦、もちきび、ハト麦などの
雑穀を混ぜ合わせると栄養バランスもよくなります。

マクロビオティック料理の基本は、自然食品を選ぶことから始まる 


マクロビオティック料理を行う上で大切なのは、
食べ物の陰と陽のバランスを考えて食材、作る料理を選ぶことです。

■陰性の食品群
暖かい気候風土でとれ、育ちが早い食材が特徴です。
なす、じゃがいも、ピーマン、トマト、筍、西瓜、メロンなど

■陽性の食品群
涼しく寒いところでとれ、ゆっくり育つ食材が特徴です。
玉ねぎ、ごぼう、にんじんなど

和食を中心に考え、穀類を5~7、野菜を3の割合にし
食べるのがベストのようです。たまに肉類が食べたくなれば、
まるごと食べられる魚を選び、食べるといいですよ。

サイトマップ
ブログ内検索
マクロビオティック菓子
マクロビオティック・ポテトチップス
無農薬栽培・無添加、非遺伝子組換有機栽培じゃがいも使用 し、ほどよい塩味と青のりの風味が美味しい!

マクロビオティック・玄米ポンセン
有機JAS認定玄米使用、無添加・無着色・無糖・ノンオイルでビタミン・ミネラル・食物繊維がタップリです。

マクロビオティック・玄米かりんとう
国内産小麦・玄米使用、ビタミン&ミネラル豊富な玄米粉入りで香ばしく、さくっとした軽い口当たりが好評!

マクロビオティック・クッキー
上質な菜種油、粉、メイプルシロップ、ココナッツ、ココアなどオーガニック原料を贅沢に使用したサクサクのクッキーです。
マクロビオティック関連書籍


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。